豊中市伊丹市での資源化・リサイクル事業専門障害者雇用

リサイクル事業部のスタッフがすみでんフレンド社を見学してきました。
2012.12.07

12月7日に兵庫県伊丹市にある「すみでんフレンド株式会社」の作業所を見学してきました。

「すみでんフレンド株式会社」は2008年7月に住友電工グループの特例子会社として設立されました。緑化事業(観葉植物の貸し出しなど)や受託・サービス事業(袋詰緩衝材製作、電子データ化など)などを行っておられ、全社員21名中12名が障害者です。

同社では3つの指導方針を大事にしながら活動されています。
1.会社で取り組む全ての仕事を社員全員ができるようにする
2.できない仕事はできるまでとことん指導する
3.できるように教え方、道具を工夫する

今回はその作業所内での袋詰緩衝剤製作の作業などを見学しました。
障害者社員みんながその作業をできるようにするため、誰がやっても袋に入れる緩衝材の量が一定になるように専用容器を作るなどのさまざまな工夫をされています。

きるとのスタッフは普段着る機会の少ないスーツ姿で訪問。
慣れない外出に最初は少し緊張していましたが、見学のあとは、他の職場での障害者スタッフの活動を見せていただいたことはとても良い経験になり、また新しい気持ちで業務にあたれると、みんな前向きな生き生きとした顔になって戻ってきました。

 

Copyright © Copyright (C) スクールきると All Rights Reserved.. All rights reserved