豊中市伊丹市での資源化・リサイクル事業専門障害者雇用

9月14日に企業向け障害者雇用事業所の見学バスツアーに参加してきました!
2012.09.14

9月14日(金)に、企業による障害者雇用を通じた連携を目指して、障害者雇用を考えている企業の方々に実際に障害者が作業を行っている現場を知っていただくための見学バスツアーが開催されました。
障害者雇用の経験のない企業にとって、障害者が働いている姿をイメージすることは難しく、どのように受け入れればよいか不安に思うところです。
そのような企業のスタッフの方に、現場を見ていただくことにより、社内の環境整備や職務の創出、障害者の戦力化などの参考にしていただければと、NPO法人豊中市障害者就労雇用支援センターが主催して開催されましたが、実際には企業だけでなく、就労支援機関や、障害者施設などからも参加がありました。

 

【見学スケジュール】

〈午前〉株式会社クレール(参天製薬特例子会社)
滋賀県犬上郡にあり、参天製薬の社内で使用している作業着の滅菌クリーニングと、参天製薬の工場内の清掃などの業務を行っておられ、主に軽度の知的障害者19名が働いています。
朝の勉強会でゲーム機を使って漢字や地理を学んでいることや、給与・賞与の考え方、リーダー手当の支給、財形貯蓄を勧めていることなど、興味深い話を伺い、社内の作業場と参天製薬の工場を見学しました。

 

〈午後〉がんばカンパニー
滋賀県大津市にあり、自社ブランドとOEMでクッキーを製造・販売されている就労継続支援A型事業所。
働いている49人の障害者の内、精神障害が50%、知的障害、身体障害が各25%で、機械化せず手作りでそれぞれのスタッフの能力に合わせて細かな作業分担をしています。
1986年に障害者の仕事を創り出すという取り組みを初めて26年、さまざまな段階を経て現在は年商2億円の売り上げを達成するまでになっておられます。
きるとのリサイクル事業部で障害者の作業指導を行っているスタッフも見学させていただきましたが、個人個人の状況や希望を考慮した支援体制にもかかわらず、きちんと売り上げ・結果を出しているところが素晴らしいと、感心していました。

 

クレール社前で記念撮影。

 

土廣社長の案内でクレール社内を見学。

 

がんばカンパニーです!

 

がんばカンパニー内の売店。

Copyright © Copyright (C) スクールきると All Rights Reserved.. All rights reserved