豊中市伊丹市での資源化・リサイクル事業専門障害者雇用

「短時間正社員」制度を採り入れました!
2016.08.01

2016年8月1日 きるとは「短時間正社員制度」を採り入れました。

正社員でありつつ勤務時間を短縮して働く「短時間正社員」制度。
仕事と生活のバランスを取りたいスタッフと優秀な人材を大切にしたいきるとが
共に目指す新しいワーキングスタイルです。

 

この制度を採り入れることにより多様就業型ワークシェアリングを推し進めるにあたっての
当社社長の思いはこちらをお読みください。

 

短時間正社員制度は、就業意識の多様化が見られる中、自らのライフスタイルやライフステージに応じた多様な働き方を実現させるとともに、これまで育児や介護をはじめ様々な制約によって就業の継続ができなかった人や就業の機会を得られなかった人たちの、就業の継続や就業を可能とする働き方です。

 

【短時間正社員】
フルタイム正社員と比較して、1週間の所定労働時間が短い正規型の社員であって、
次のいずれにも該当する社員のことを言います。
①期間の定めのない労働契約( 無期労働契約) を締結している
②時間当たりの基本給及び賞与・退職金等の算定方法等が同種のフルタイム正社員と同等
※株式会社きるとのフルタイム正社員
1週間の所定労働時間が35~40時間(1日7または8時間・週5日勤務等)で、
期間の定めのない労働契約(無期労働契約)を締結した正社員

 

制度の利用目的は
①子育て期の社員が子育てと仕事を両立するため
②介護を行う社員が介護と仕事を両立するため
③自己啓発を希望する社員が働き方やキャリアの幅を広げるため
④心身の健康不全がある社員の復帰の際の再発防止、スムーズな職場復帰を促すため
⑤年齢・体調などが原因でフルタイムでの働き方が難しくなった社員が
働き続けられる働き方に移行するため

 

きるとのリサイクル事業部では、知的障がい者32名がフルタイム正社員として働いています。一人ひとりさまざまな特性を持ちながら働いていますが、加齢、傷病などによりフルタイム勤務が難しくなった社員もいます。彼ら一人ひとりに合った働きやすい状況を作り出し、定年までしっかりと働き続けられるようサポートしていきたいという思いを実現するためにも、短時間正社員制度を導入することになりました。

 

8月1日より、正社員就業規則に付加して短時間正社員規程を作成し、施行しています。

Copyright © Copyright (C) スクールきると All Rights Reserved.. All rights reserved